Jimmyの楽屋

本棚と水槽の話。漫画や映画・音楽・推理小説の感想や、最近始めたアクアリウムのことを書いています。
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP書籍・雑誌 ≫ 【ネタバレ】中井英夫『虚無への供物』を読んだ感想 アンチ・ミステリーに込めたメッセージ

【ネタバレ】中井英夫『虚無への供物』を読んだ感想 アンチ・ミステリーに込めたメッセージ

ようやく中井英夫『虚無への供物』を読み終えました。

新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)
(2004/04/15)
中井 英夫

商品詳細を見る

新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)
(2004/04/15)
中井 英夫

商品詳細を見る


※以下、中井英夫名義で新装版講談社文庫の『虚無への供物』を読んだ感想になります。
ネタバレがありますので、ご了承の上でお読み下さい。



--------------------





そもそも『虚無への供物』を読もうと思ったきっかけは、日本ミステリーの中に「三大奇書」なる作品が存在している事を知ったことでした。

「三大奇書」とは夢野久作 『ドグラ・マグラ』(1935年)小栗虫太郎 『黒死館殺人事件』(1935年)中井英夫 『虚無への供物』(1964年)を指します。
後には「アンチ・ミステリー」と呼ばれるようになった作品でもあります。


私はこれらの作品を、上記の順に読了しました。


『虚無への供物』を読み終えた率直な感想としては、「他の2作品に比して読み易かった」「作者の意図が伝わり易かった」ということが挙げられます。

とにかく文章が頭に入り易いですし、『ドグラ・マグラ』のような混乱させられる感覚も、『黒死館』での知識量で煙にまかれるようなこともなく、最後まで読み終えられた事が、まずもって嬉しかったのです。
(それほどに先の2作品は難読でした。)


--------------------


『虚無への供物』でまず最初に驚かされたのは、登場人物たちが「読者的視点」に立って会話している、ということです。

メタフィクションとでも呼ぶのでしょうか?
登場人物でありながら、どこか事件をゲーム的に分析している(そしてそれを楽しんでいる?)のです。

氷沼家を舞台にした連続殺人事件がこの作品の大筋ですが、そもそも“第一の事件すら起きていないのに、登場人物(探偵役)はこれから起こる事件の犯人を当ててやる”などと冒頭で自信満々に話していたりするのです。


このスタンスは、まるで読者そのものではないでしょうか?


以降も、麻雀をしながらの推理談義や、要所要所での推理合戦など、事件そのものの痛ましさなどどこ吹く風で、各々が自分の推理をこれでもかと饒舌に披露します。


推理の根拠も様々で、「五色不動」「植物学」「仏教典」「薔薇」「アイヌ」「過去の転覆事故」「シャンソン」など、事件に直接の因果関係があるのか怪しいものから、アリバイや密室トリックの分析といった論理的推理に則ったものまで、多岐にわたっています。
(※作中の殺人事件は全て密室にて起こっている。)

さすがに真相はここでは割愛しますが、作者の狙っているのはまさにこのスタンスについてなのです。


各人物が思い思いに自分の推理を披露し、そこには被害者や遺族の悲しみ・無念などが入り込む余地はありません。
あくまで自分の推理が正しいのか、それだけが重要視され、推理が乱立している間は、どんなに凄惨な仮説も可能性として成り立ってしまう。
ある意味で事件を最も冒涜した行為が繰り広げられるのです。


--------------------


作品のラストで真犯人はこう言います。

「何か面白いことはないかなあとキョロキョロしていれば、それにふさわしい突飛で残酷な事件が、いくらでも現実にうまれてくる、いまはそんな時代だが、その中で自分さえ安全地帯にいて、見物の側に廻ることが出来たら、どんなに痛ましい光景でも喜んで眺めようという、それがお化けの正体なんだ。おれには、何という凄まじい虚無だろうとしか思えない。」

すなわち、痛ましい事件をお前たち探偵役が望んだから、実際に事件が起きてしまったのだ、と犯人は言っているのです。
(多分に飛躍した解釈ですみません…)


探偵役である久生も、ラストでこう語っています。

「ページの外の“読者”に向かって“あなたが犯人だ”って指さす…(中略)真犯人はあたしたち御見物衆には違いないけど、それは“読者”も同じでしょう。」

なんというアンチテーゼ。
なんという批判でしょう。

筆者はミステリーを愛する読者の、事件を待ち望むそのスタンスそのものを指し、作中で批判しているのです。


--------------------


人間の尊厳を守り、異常な事件を望まなければ、事件など起きない。
事件が起きたとすれば、それは望んだ“読者”が起こした犯行だ。

つまり、「読者こそが犯人だ」と、筆者は語っているのです。


これこそが『虚無への供物』がアンチ・ミステリーと呼ばれる所以です。


※アンチ・ミステリーとは
アンチ・ミステリーは、狭義には三大奇書を、広義には推理小説上の「推理小説でありながら推理小説であることを拒む」という1ジャンルを指す。(Wikipediaより引用)



『虚無への供物』はミステリーの形式を取りながら、推理小説そのものを否定しているのです。

今の時代においては、そういったアイデアやメタフィクショナルな構成は珍しくもないでしょうが、その先駆けという意味で、『虚無への供物』は評価されているんですね。


まさか最後にこんなまとめ方をされるとは思っても無かったですし、メッセージが明確だったこともあって、読了後は衝撃でしばらく動けないほどでした。


先の「登場人物たちの推理する行為が事件を冒涜している」という点と合わせて、ミステリーについて深く考えざるを得ない作品となりました。


--------------------


私が「アンチ・ミステリー」という言葉を最初に重要視したのは、本格推理小説ではなく、PCノベル『うみねこのなく頃に』をプレイしていた時の出来事でした。

『うみねこのなく頃に』は、六軒島という架空の島を舞台に、右代宮家一族が次々と殺され、警察が発見した時には全員が死亡しているという、『そして誰もいなくなった』的なミステリーで、言うまでも無く真犯人を当てるのが第一の目的のストーリーです。

初めは事件の前提となる舞台設定や、キャラの人間関係などが描かれますが、エピソードが進み情報が増えるにつれて、「なぜ事件が起きてしまったのか?」ではなく、「どうやったのか?」「犯人は誰か?」のみが重要視され、キャラクターの尊厳はないがしろにされていきます。

これはまさに、『虚無への供物』へのオマージュだったんですね。


お前らは事件の真相が知りたいんじゃない。余計な事象をくっつけて、自分に都合のよい事件像を創り上げ、自分を納得させたいだけだ。
『うみねこ』では山羊頭の人々を登場させることで、無責任な読者を痛烈に批判しています。

アンチ・ミステリーは、戒めの意味を込めて、読者に語りかけているのですね。

[同人PCソフト]うみねこのなく頃に散 Twilight of the golden witch[第5話~第8話][同人PCソフト]うみねこのなく頃に散 Twilight of the golden witch[第5話~第8話]
()
Windows XP Home Edition

商品詳細を見る



--------------------


『虚無への供物』を読んだ率直な感想を「読み易かった」と書きましたが、あくまで他の2作品に比べて、という条件付きです。

作中に登場する不動尊などの符合の一致や、シャンソンの知識など毛ほども無い為、苦労する場面は多々ありました。


一方で、ここまで引っ張っておいて(実際、説明描写など文章が全体的に長い印象)真相はこれかよ!?と、真犯人やトリックについて多少肩透かしを食らったように感じたことも事実です。
(トリックだけなら、もっと素晴らしい作品は山程あるでしょう。)


『ドグラ・マグラ』は幻想的描写、『黒死館殺人事件』は不必要な程の知識披露、そして『虚無への供物』は推理小説の否定。
この点でもって、三大奇書はアンチ・ミステリーとして評価されているわけですから、そこにトリックの出来云々を持ちだすのは欲を言い過ぎなのかも知れませんけど。



しかし少なくとも、読んでおいて良かった、勉強になった、と私は感じました。

いつの時代も「終わった」「時代遅れ」「変化なし」「新しさが無い」と評価されがちな本格推理小説において、特異な風を巻き起こした名作には間違いありませんから、未読の方には是非ともお勧めしたいです。


新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)新装版 虚無への供物(上) (講談社文庫)
(2004/04/15)
中井 英夫

商品詳細を見る

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)
(1976/10)
夢野 久作

商品詳細を見る

黒死館殺人事件 (河出文庫)黒死館殺人事件 (河出文庫)
(2008/05/02)
小栗 虫太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

中井英夫『虚無への供物』ネタバレ感想会
新装版 虚無への供物(下) (講談社文庫)中井 英夫 講談社 2004-04-15by G-Tools   以下にリンクしたネタバレなしの感想の続きとなります。   OLDIES 三丁目のブログ ■[名作文学]新装版 虚無への供物(上) 中井英夫   http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20161015/p1  
2016年10月18日(Tue) 20:23
FC2カウンター
プロフィール

Jimmy

Author:Jimmy
漫画と推理小説とドラムと酒をこよなく愛するサラリーマンです。
東京都練馬は大泉学園の発展を心より願っています。
※転勤で、現在は名古屋在住。
--------------------
Jimmyの楽屋は漫画・推理小説などのレビューや日常の思い出(備忘録)等がメインのブログです。
読んだ漫画とか推理小説の感想や、『彼岸花の咲く夜に』のつたない考察などを書いています。
※当ブログの詳細・メール送付先等は下記「ごあいさつ」カテゴリ内の記事(【利用規約?】&【ごあいさつ】)からどうぞ。
気に入った記事には、拍手やコメントお願いいたします。拍手・コメントを下さると泣いて喜びます。(コメントには(スパムでなければ)基本的に返信します。

オススメ作品
QRコード
QRコード
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ